Really Right Stuff

リアリーライトスタッフ

アメリカのカリフォルニアにオフィスを構えるReally Right Stuff (リアリー ライト スタッフ)は、1990年にBryan Geyer(ブライ アン・ガイヤー)が、流通しているカメラプレートの品質に満足できず、さらに高品質な製品を求めて自作のプレートを作り、販売したこと から始まりました。

色々なカメラに使いまわせる汎用品ではなく、一眼レフカメラの機種ごとに「Really Right(ぴったり)」な専用プレート を製造し、その精度と使い易さは他に比類がないものとなっています。

カメラプレートから始まった製品ラインナップは、この25年間で自由雲台、クランプ、三脚、フルードビデオ雲台など、幅広く成長しました。Made in USAに誇りを持ち、取扱い製品の増えた今でも製品の製造から組立てまで全ての工程をアメリカで行っています。品質への拘りと、より良い製品開発への真摯な姿勢を貫いているReally Right Stuffは、創立当初から今に至るまで多くのカメラマンを魅了し続けています。

これまで代理店を置かず、アメリカからの直接販売のみで入手可能であったReally Right Stuffの製品を、銀一株式会社が日本国内への販売・サポートを行うこととなりました。

掲載カタログ

Really Right Stuff カタログ

RRS2018_WEB一眼レフカメラの機種ごとに「Really Right(ぴったり)」な専用プレートを製造し、比類なき精度と使いやすさを誇る、Really Right Stuff(リアリー ライト スタッフ)。Made in USA に誇りを持ち、取扱い製品の増えた今でも製品の製造から組立てまで全ての工程をアメリカで行っています。品質への拘りと、より良い製品開発への真摯な姿勢を貫いているReally Right Stuff は、創立当初から今に至るまで多くのカメラマンを魅了し続けています。