沿革

昭和31年 8月
東京都港区新橋でカメラ機材の販売創業
昭和33年 4月
銀座1丁目に移転、屋号を「銀一カメラサービス」と定め、プロ用写真機材の専門店としてスタート
昭和35年 4月
株式会社に組織変更、丹羽壽彦 代表取締役に就任
昭和44年 9月
レンタル部門を独立、株式会社ライクを設立
昭和46年 6月
ドライマウント部門を独立、株式会社ギンイチを設立
昭和47年 12月
ハイクラスアマチュアの店「コ・コ」を出店、アマチュアコレクションカメラを取り扱う
昭和48年 1月
貿易部門を置き、米国、ドイツ、英国と取引開始
昭和48年 9月
商品センターを港区海岸に設置
昭和53年 3月
レンタルスタジオへの機材納入と設計、施工を開始
昭和58年 7月
米国セットワークス社との合弁会社、セットワークスジャパン株式会社を中央区入船に設立
昭和59年 9月
資本金を900万円に増資
昭和60年 8月
セットワークスジャパン株式会社 資本金を7,500万円に増資
昭和62年 11月
本社業務を中央区銀座4丁目の自社ビルへ移転
昭和63年 2月
海外商品部を新設 輸入販売代理店として各種照明機材、写真用品の卸販売を本格化
昭和63年 4月
新社名「銀一株式会社」に商号変更
昭和63年 8月
株式会社ライクの業務をレンタルショップへ移管
平成元年 3月
商品センターを大田区平和島の東京流通センター内へ移転、グループの商品流通センターの機能を増強
平成元年 9月
資本金を1,800万円に増資
平成3年 12月
プロ用品ショップとカメラ、レンズショップ合併「フォトショップ」としてオープン
平成5年 11月
「デジタルフォトショップ」をオープン
平成6年 8月
「フォトショップ」各店舗をリフレッシュオープン
平成11年 1月
合弁会社、セットワークスジャパン株式会社を中央区月島に移転リニューアルオープン
平成11年 2月
商品センターを大田区平和島より中央区月島に移転、利便性の向上を計る
平成13年 5月
デジタルフォトショップをフォトショップ1F に移転、デジタルシステムの本格化に対応
平成14年 8月
子会社株式会社ギンイチを吸収合併、グラフィックス営業部として事業全面継承
平成18年 1月
グラフィックス営業部を中央区月島に移転
平成18年 6月
本社を中央区銀座3 丁目の自社ビルに移転
平成19年 3月
セットワークスジャパン株式会社を吸収統合し、スタジオ機材部(スタジオショップ)として事業全面継承
平成19年 9月
営業課及びレンタルとフォトショップの写真用品類、ストロボ関連品を月島スタジオショップに移転リニューアルオープン
平成19年 9月
フォトショップをデジタルカメラ・中古カメラ・画像関連処理機材の販売及びアフターサービスの専門店として、銀座土志田ビルB1F にリニューアルオープン
平成19年 11月
「クランプラー」ブランドの輸入直営店「Crumpler Ginza(クランプラーギンザ)」を銀座一丁目に出店
平成21年 5月
銀座店(フォトショップ)を月島店(スタジオショップ)に統合し「銀一スタジオショップ」として、顧客ニーズにマッチした「ワン・ストップ・ショップ」を実現
平成25年 11月
中古カメラ専門店「CO-CO 銀一カメラサロン」を本社 8F にオープン

沿革