Inter BEE 2021 GIN-ICHI (アートンデジタル)

2021.11.15 トピックス
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: aaton.jpg

■ AATON DIGITAL(アートンデジタル)

1973年に創業、フランスのグルノーブルを拠点とし、ロケーションサウンドなどに使用されているハイエンドオーディオレコーダーを製造しているアートンデジタル。
元々はシネマカメラメーカーとして、2000年代前半までフィルムカメラを製造していましたが、2000年初頭にロケーション用のデジタルレコーダー「CanterX1」を世に送り出しました。
同社のポータブルデジタルオーディオレコーダーCantarX3やCantarMiniは、優れた技術と卓越したパフォーマンスで市場を牽引しています。2019年にアカデミー賞録音賞を受賞したJohn Casali(ジョン キャサリ)がCanterX3を使用しているなど、ハリウッドをはじめとするハイエンドシネマの制作にも使用されています。
日本では、2020年日本アカデミー最優秀録音賞を受賞した久連石由文氏も、2021年5月公開の映画『HOKUSAI』で使用しています。

キャンターX3 - 妥協のない「音」へのこだわり


アートンデジタルのポータブルデジタルオーディオレコーダー「キャンターX3」。日本ではその名前はまだ馴染みが薄いかもしれませんが、ハリウッドをはじめ世界中で多くのハイエンドサウンドエンジニアに愛用されているレコーダーです。
キャンターX3の一番の特徴である妥協なく設計されたマイクプリアンプの性能は、発売当初から高い評価を得ています。
また、市場にあるほかのポータブルオーディオレコーダーと比べると、筐体が比較的厚く、重厚感があるという印象を受けるかもしれません。筐体のサイズ、大きなディスプレイ、前面・側面のダイヤル式コントロールセレクター、その全てにアートンデジタルの工夫と魅力が詰まっています。

今回、『蜜蜂と遠雷』で第43回 日本アカデミー賞 最優秀録音賞を受賞された、録音・久連石由文氏に、アートンデジタル製品を実際に現場で使用した印象・レコーダーへの想いを教えていただきました。

『HOKUSAI』(2021年5月公開)撮影現場より

久連石 由文(Yoshifumi Kureishi)プロフィール
1970年 愛知県生まれ
1990年 アオイスタジオ株式会社 入社
2020年 フリーランスへ

日本を代表する録音技師。
北野武監督作品をはじめ、北村龍平監督、板尾創路監督、田口トモロヲ監督などの作品に参加。
近年では、北野武監督『アウトレイジ 最終章』、中野量太監督『湯を沸かすほどの熱い愛』、板尾創路監督『火花』、石川慶監督『蜜蜂と遠雷』、中野量太監督『浅田家!』などに関わる。
第43回 日本アカデミー賞 最優秀録音賞受賞
第14回 アジア・フィルム・アワード 最優秀音響賞受賞

ポータブルオーディオレコーダー


妥協なく設計された高性能なマイクプリアンプと、操作性の良さにこだわった設計で、世界中のサウンドエンジニアを魅了している、アートンデジタルのマルチトラック対応ポータブルデジタルオーディオレコーダー。
キャンターX3、キャンターミニは、内蔵SSD(256GB)・SD・USB2.0ポートからの外部メディアに最高24bit/ 192kHzのフォーマットで記録することができ、メディアの速度が足りない時に備えて、本体に一時バッファした後に外付けメディアに記録するモードも用意しています。
本体の大きなダイヤル式コントロールセレクターは、レック、プリレックや設定などの各種メニューが回転位置ごとに割り振られ、確実で素早い切り替えが可能です。誤操作を防ぐデザインで、忙しい現場でも安心して使用できます。 また、大きく見やすい画面により、録音・操作中もストレスなく集中することができます。
マグネットセンサー式のフェーダー、パンポッドは滑らかで操作しやすく、また埃や水分などが中に入る心配もありません。砂埃の多い現場などでも、安心して使用できます。
このように、細部までこだわった設計も、アートンデジタル製品の大きな魅力です。

キャンターX3 スタンダード パッケージ      2,083,400円(税込)   


ロケーション、スタジオどちらでも使用できるポータブルデジタルオーディオレコーダーです。最大24トラックまでを収録可能。驚くほど多くの機能を備え、映画、放送、オーケストラ収録など、多彩な環境での高音質な録音を実現します。また、「Dante™」にも対応しているため、IPネットワークで録音システムを構築することもできます。

  • ■アナログ入力:超低ノイズマイクプリアンプ × 8 ライン入力 × 4/ アナログ出力:ラインレベル出力 × 8/ デジタル入力:AES入力(AES42ペア × 2、AES/EBU × 8) Dante(オプション)/ デジタル出力:AES 出力 × 10 Dante/ 記録メディア:内蔵 256GB SSDドライブ × 1 SDカード × 2 USB2.0スロット × 3(キーボード、外部デバイス共用)/ 接続:バランス型アナログ XLR-3 マイク/ライン × 4 バランス型アナログ XLR-5 マイク/ライン × 4 DB25(バランス 型アナログ出力 / AES I/O) × 2 TA3M(AES42 モード 2) × 2 ギガビットイーサネット × 2 (Audinate Dante × 1、PC 接続 × 1) 6.35 mm(ヘッドフォン) × 1 3.5 mm(ヘッドフォン出力 /外部スレートマイク入力) × 1 XLR4 (DC入力) × 1 Hirose4ピン(DC 出力) × 1 DVI(外部ビデオモニター) × 1 26ピン 3M(アクセサリー、ワードクロック I/O) × 1 BNC × 1(未使用) Lemo5(タイムコード) × 1/ パワー:リチウムイオンバッテリー 15V-3.2Ah × 2 XLR4 12-17V DC/ サイズ:H9 × W32 × D24cm/ 重量:3.55kg/ 同梱物:本体、ハードケース、AL63 パワーサプライ
詳しくはこちら


キャンターミニ スタンダード パッケージ      1,240,800円(税込)   


キャンター X3 の機能はそのままに、入出力など少なくすることでよりコンパクトにしたモデルです。マイクプリアンプや本体内の機能面は X3と同等のため、チャンネル数、トラック数が少なくて済む現場に最適です。

  • ■アナログ・デジタル入力:非常に高品質のトランスを備えた低ノイズのマイク・プリアンプ × 4 バランス型ライン入力 × 2 3.5mmコネクタ上に外部スレートマイク入力付きヘッドフォン端子 アナログ出力:ラインレベル出力 × 8 デジタル入力: AES入力(AES42ペア × 2、AES3対応)/ デジタル出力:AES3出力(SubD HD15) × 4/ 記録メディア:内蔵 256GB SSDドライブ × 1 SDカード × 2 USB2.0スロット(キーボード、外部デバイス共用) × 2/ 接続:バランス型アナログ TA3M マイク/ ライン × 4 SubDHD15(AES42ペア入力 × 2/AES3 入出力) ギガビットイーサネット(PC 接続 × 1) USB2(キーボード、外部デバイス) × 2 6.35 mm(ヘッドフォン出力) × 1 3.5 mm(ヘッドフォン出力 / 外部 スレートマイク入力) × 1 XLR4(DC 入力) × 1 Hirose4 ピン(DC 出力) × 1 Lemo5(タイムコード) × 1 SubD25(バランス型アナログ出力) × 1/ パワー:リチウムイオンバッテリー 15V-3.2Ah × 2 XLR4 12-17V DC/ サイズ:H9 × W23.4 × D25.9cm/ 重量:2.8kg/ 同梱物:AL63 パワーサプライ、保護ポーチ
詳しくはこちら


外付けサーフェス


キャンターX3、キャンターミニをカートに載せて使う際などに使用します。より大きなフェーダーにより操作性向上し、また不用意にレコーダー本体のボタンやダイヤルに触れることを防ぎます。全てのフェーダーとポットは、アサインを自由に決められ、入力、出力、トラックなどに割り振ることができます。



キャンタレス スタンダード パッケージ    ¥892,100(税込)

大画面と12列のフェーダー、ポットやボタンを備えたコントロールサーフェスです。ヘッドフォン端子がついており、キャンタレス経由でモニタリングもできます。

  • ■接続:イーサネット
  • ■サイズ:H10 × W41 × D28.2 cm
  • ■重量:4.2kg
詳しくはこちら
キャンタレム 2    ¥317,900(税込)

12列のフェーダーと、4つのユーザーファンクションボタン、2つのシフトボタンを備えた外付けコントロール サーフェスです。

  • ■接続:USB
  • ■サイズ:H3.5 × W28.0 × D19cm
  • ■重量:1.2kg
詳しくはこちら
A-BOX8    ¥95,040(税込)

ポットを 8 つ追加できるアクセサリーです。ショル ダーストラップに装着でき、首掛けのロケーションショットでのゲインコントロールなどに最適です。

  • ■接続:USB
  • ■サイズ:H5.0 × W11.4 × D4.4cm
  • ■重量:129g
詳しくはこちら



プレスリリースはこちら

※本ページの掲載価格は、2021年11月17日改定分を反映させています。


その他、アートンデジタル製品はこちらから





InterBEE2021特設ページTOPへ戻る