CP+2019 銀一ブース(G-08)のご紹介 – 写真用品 前編 –

2019.02.28 トピックス

CP+ 2019 (Camera & Photo Imaging Show 2019) が本日 2月28日(木)より四日間、パシフィコ横浜にて開催されます。
シーピープラスは ”写真のある生活” を送る全ての方に、あらゆる角度でカメラ・写真の楽しみ方を体験いただけるイベントです。大手カメラメーカーから写真映像業界のさまざまなジャンルの企業が、最新の製品や技術を紹介しています。

銀一株式会社のブース(ブース番号:G-08)では、各ブランドの新製品をいち早くご紹介するほか、充実した製品ラインナップを取り揃えて皆さまのお越しをお待ちしております。 では、CP+2019の銀一ブースの見どころをご紹介いたします。


DOMKE(カメラバッグ・ストラップ/ アメリカ)

ひとりの報道カメラマンが「自分が使いやすいバッグを作ろう」と始めたカメラバッグブランド、DOMKE 。「現場の声」から生まれたカメラバッグは、今では世界中の報道カメラマンに支持されています。

DOMKE の全てのモデルを実際にお手に取って比べていただける、またとない機会です。

thinkTANKphoto(カメラバッグ・ストラップ・アクセサリー/ アメリカ)

デザイナーとフォトグラファーのチームにより設立されたカメラバッグブランド、thinkTANKphoto。アメリカをはじめ、世界中のプロフェッショナルフォトグラファーに向けて新しい提案を続けています。

定番の堅牢かつ実用性の高いローリングケースから、使い勝手の良いアクセサリー類まで全ラインナップを展示しています。

また、2月20日発売の新製品 ヴィジョンシリーズやスタンドマネージャー52も初展示。ビジョンシリーズは耐久性のある素材を使用した、最新のショルダーバッグシリーズです。全3サイズの2色展開です。

MindShift GEAR(カメラバッグ・アクセサリー/ アメリカ)

ネイチャーフォトグラファーとシンクタンクフォトのクリエイターにより生まれたカメラバッグブランド、MindShift GEAR 。”Engage with Nature” をスローガンとして掲げ、写真を通して自然との協調・共生を育むことを目標としています。

背負い心地と操作性を兼ね備えたバックライトシリーズや、ワンショルダータイプのフォトクロスなど、多数取り揃えています。

Peak Design(カメラバッグ・カメラストラップ・アクセサリー/ アメリカ)

自身の経験から「キャプチャー」を開発し、キックスターターの資金調達により製品化を成功させたアメリカのカメラアクセサリーブランド、Peak Design。現在は「キャプチャー」だけに留まらず、ストラップやカメラバッグなど多岐にわたるアクセサリーを展開させています。

これまでストラップ、キャプチャーカメラクリップ、カメラバッグを展開してきた Peak Design が、昨年末に新たに発表をした「トラベルライン」。45Lと大容量のバックパックにカメラキューブや洋服、靴を入れられるポーチ(別売)をパッキングして、使用用途に合わせて自由にカスタマイズができます。

人気のバックパックやスリング、ストラップなど、実際の背負い心地や使い勝手の良さをぜひ会場で体験してください。

OP/TECH USA(ストラップ/ アメリカ)

OP/TECH USA は、1982 年にアメリカ・ワイオミング州で、天性のエンジニアによって創業されたストラップメーカーです。「自分たちが最高だと思うものを、自分たちの手で作って売る」という創業者の思いを今もなお受け継ぎながら肩にやさしいストラップを作っています。

長年愛されている肩と首への負担を軽減する定番のネオプレンパッドのストラップをはじめ、フォトグラファーの快適な撮影ライフを手助けするアイテムを展示します。会場では実際に、着け心地を体験していただけます。

LensCoat(レンズカバー・レンズバッグ・アクセサリー/ アメリカ)

アメリカ・ニュージャージー州でひとつひとつ手作りされている、カモフラージュパターンの望遠レンズ保護カバーメーカーである LensCoat 。ネオプレン素材で大切な機材を傷から守ります。

レンズなどの持ち運びに便利なロールアップポーチやレインスリーブをラインナップ。他にも、望遠レンズでの撮影時に、レンズ・カメラ・三脚と一緒に全身をすっぽり覆うアクセサリー、レンズハイドを展示しています。

platypod(三脚/ アメリカ)

アメリカ・ニュージャージー州にオフィスを構える三脚ブランド。「ハイキングには、三脚もレンズもどちらも持っていきたい」という願いを叶えるために、何度も試行錯誤しながら“世界にも類がない小さな三脚”を作り出しました。

薄く、小さいながらも、カメラをしっかりと支える “プラティポッド”。小スペースでの撮影や、自由自在なローアングルなど、新たな撮影スタイルを提案します。

Tether Tools (ケーブルマネジメント・アクセサリー アメリカ)

アメリカのプロフェッショナルフォトグラファー向けのアクセサリーブランド。USBケーブルや HDMI ケーブルなどコード類の処理に役立つアクセサリーをはじめとし、すべてのカメラユーザーのニーズに合わせた商品を開発、展開しています。

2月に発売をした新製品オンサイトパワーシリーズも展示中。オンサイトパワーシリーズは、D-Tap付きバッテリーやD-Tapコネクターと組み合わせることでカメラのバッテリーなどを充電できるオンサイト D-Tap to AC パワーサプライなど、現場での困りごとを解決する手助けをしてくれるシリーズです。

Lance Camera Straps(ストラップ/ アメリカ)

2012 年にアメリカ・バージニア州よりスタートしたストラップメーカーです。一本一本丁寧に手作りされた編み込みのストラップは、シンプル、スタイリッシュでありながら長時間の使用でも苦にならない作りを実現しています。

しなやかで手に馴染む質感をお試しください。

GEARED by beruf baggage(ストラップ/ 日本)

「GEARED by beruf baggage」はアクティビティに特化した趣味性の高いアイテムから、デイリーユースに特化したシンプルなアイテムまで幅広く展開しているコレクションです。
会場では、厳選した素材とオリジナリティ溢れるデザインによって構成されたストラップを展示しています。

Diagnl(ストラップ/ 日本)

ワンアクションでストラップの長さを調節できる速写カメラストラップ。シートベルト織のテープを使用し、しなやかでありながら抜群の強度を誇っています。重いカメラでも体に食い込まず、ウォーキングや登山、サイクリングなどアウトドアシーンにお勧めです。

Foxfire(カメラバッグ・フォトジャケット/ 日本)

1982 年に日本で誕生したアウトドア用品ブランド。商品開発はフィールド体験に基づいて行われ、プロフェッショナルフォトグラファーの声を積極的に取り入れてきたカメラバッグ/ ザックシリーズは、本物のギアです。

防水素材とメッシュ生地のコンビネーションによるフォトグラファーベスト、 フォトレックマルチレイヤーベストなどを展示しています。

蔵 CURA(ストラップ・クリーナー・アクセサリー/ 日本)

イタリア語で「お手入れ」の意味を持つ通り、お手入れ用品を展開しているCURA。日本語の「蔵」に掛けて「大切なものを保存保管し守る。日本の良い素材と職人技でこだわりの商品を世に出していく」という意味を込めています。

クリーニング用品や質感の良いカメラストラップなど、こだわりぬいたカメラ用品を展示しています。

CP+ 2019 (Camera & Photo Imaging Show 2019) は2月28日(木)より四日間、パシフィコ横浜で開催中です。銀一株式会社のブース(ブース番号:G-08)は展示ホール会場、入り口通路から向かって会場の左奥側にございます。

スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。

明日は写真用品 後編をお送りいたします。