Inter BEE 2019 銀一ブース(3406)のご紹介

2019.11.13 セミナー・イベント トピックス

11月13日(水)~11月15日(金)に千葉市・幕張新都心の幕張メッセにて開催中の「Inter BEE 2019」。

Inter BEE は国内外のトップレベルの放送関連機材を一堂に集めた、日本随一の音と映像と通信のプロフェッショナル展です。

銀一株式会社のブースは、3 ホール、ブース番号「3406」です。

会場MAP(3ホールはPDF 3ページめ左側です。)
http://www.inter-bee.com/assets/dl/pdf/ja/BEE19_map_web_j.pdf

早速、銀一ブースの見どころをご案内いたします。


Steadicam(ステディカム)

1970年代にハリウッドの撮影監督 Garrett Brown(ギャレット ブラウン)によって考案されたカメラ・スタビライザーの本家、ステディカム。

待望の新製品、 M-2 を日本初展示。M-2 は、M-1 と同様のモジュラーデザインを採用し、ステージ、モニターマウント、ジンバル、バッテリーマウント、ポストをそれぞれ選択できます。ステージはティルトヘッド、ノンティルトヘッドが選べるほか、Voltコントロールボックスを内蔵できるようになりました。ブロードキャスト向けのサイズ感と、Voltシステムを本体内に内蔵したことによるシンプルなセットアップを実現しています。

Transvideo(トランスビデオ)

今年から銀一が取り扱いを開始したフランスの液晶メーカー、トランスビデオ。多様なニーズに対応できるモニターや撮影用アクセサリー、無線伝送システム、3D映像用アクセサリーなどを提案しています。

さまざまな入力や、タリー・レンズデータなどのデータ入力・表示をはじめとする多彩な機能をもったCineMonitorHDシリーズを展示中。
新世代の7インチハイエンドモニター Stargate(スターゲート)は、単なるモニター・レコーダーではなく、DoPやフォーカスプラーなど、各業務に最適ビューで映像はもちろん、情報を合わせて確認することができます。
放送・映画に特化したさまざまな機能をぜひご確認ください。ただ映るだけのモニターではない、ツールボックスとしてのモニターは、現場のさまざまなポジションで役立つこと間違いなしです。

AATON Digital(アートンデジタル)

フランスのグルノーブルを拠点とし、ロケーションサウンドなどに使用されているハイエンドオーディオレコーダーを製造しているアートンデジタル。

2019年にアカデミー賞録音賞を受賞した John Casali(ジョン キャサリ)が同社の CanterX3 を使用しているなど、ハリウッドをはじめとするハイエンドシネマの制作にも採用されています。

驚くほど多くの機能を備え、映画、放送、オーケストラ収録など、多彩な環境での高音質な録音を可能にする、CantarX3(キャンターX3)。視認性の高い画面やメインダイヤルなど、現場での操作性の良さにも拘っています。

その他にも、映画やCMに向けたハイエンドロケーションオーディオレコーダーを現場のセットアップで用意しています。

Chrosziel(クロジール)

密で確実な作動のドイツ品質で多くのユーザーから信頼を集めているクロジール。同社の名前はマットボックスの代名詞とさえなっています。

新たな定番になりつつある MB565 マットボックスは、他のマットボックスと異なりユーザー自身でパーツの組み換えができます。その他、フォローフォーカス、ベースプレートなど、精度の高い製品を展示しています。

Tiffen filter(ティッフェンフィルター)

フィルターの生産工程を着色、蒸着や研磨からパッケージングに至るまでニューヨーク州の本社工場で一貫して行うことにより、クイックなデリバリーと均一な品質を維持している、ティッフェンフィルター

昨年デビューしたナチュラルNDフィルターに加え、今年はナチュラルグラデーション NDフィルターが登場。ナチュラル NDシリーズは、新しいテクノロジーを採用し、色ズレを起こさず、可視光から赤外光域までの光線をカットするフルスペクトラム NDフィルターです。フルスペクトラムのグラデーションND は現場で重宝するツールになるはずです。

会場ではナチュラルNDシリーズを展示しております。

CamCaddie(カムキャディー)

カメラ、ビデオカメラを搭載して、独自のハンドル操作で撮影できるサソリ型ハンドルスタンド”スコーピオン”を開発したカムキャディー。

今年も定番のハンドルスタンド類を展示しています。ビデオカメラ標準のグリップでは対応しづらいローアングルからの撮影でも最高の安定性を発揮します。

RØDE Microphones(ロードマイクロフォンズ)

1990年台初頭にたった2型のマイクとともに創業したロードマイクロフォンズ。その後、幅広いラインナップのマイクを次々にリリースし、新たなマイクロフォンズの定番になっています。

日本でも9月末に発売となり多くの注目を集めいている、超小型ワイヤレス送受信機 Wireless GO をはじめ、マイクやアクセサリー類を多数展示しています。日本未発売の NTG5 も初上陸!革新的な音響設計、76gの超軽量なボディと、NTG5 はさまざまな場面で活躍をするショットガンマイクです。実際のサイズや音をチェックできる機会をお見逃しなく。

InterBEE初日の13日には、ロードマイクロフォンズ社主催の短編映画コンテスト「マイロードリール 2019」の授賞式も行われます。こちらのコンテストは来年も開催予定です。

会場にはRØDEアンバサダーの久連石由文氏の機材も展示されています。RØDEマイク、CanterX3、ThetherToolsなどの機器の実際に組み込まれているセットアップは必見です。

TetherTools(テザーツールズ)

プロフェッショナルフォトグラファーの撮影現場で役立つ道具を提案している、アメリカ発祥のテザーツールズ。

電源のない環境でも、VマウントバッテリーからAC100vをとれる ONsite パワーサプライシリーズを展示中。「オンサイト Dタップ トゥ AC パワー サプライ」には2つのACと4つのUSBポートが付いているので、ノートPCだけでなく、携帯電話の充電やUSB扇風機などにも使えます。ロケーション撮影での自由度があがり、撮影の助けとなるアクセサリーです。

9.Solutions(ナインドットソリューションズ)

台湾にオフィスを構え、写真、ビデオ、ステージ業界などの現場で役立つサポート製品を製造している、ナインドットソリューションズ。

ブースでは、画期的なカメラアーム、Cパンアーム・ミニ Cパンアームを展示中。

他にも、自動車のドアにどのようにカメラをマウントするかを実演しています。クランプ・ロッド類をどう組み合わせるかというアイデア次第で、さまざまなシチュエーションで使用できる製品群を是非ご覧ください。本国スタッフも来日してブースにアテンドしていますので、この機会に気になることなど何でもご質問ください。

Duclos Lenses(デュークロスレンズ)

アメリカのカリフォルニアにオフィスを構え、レンズのモディファイ・リペアを行なっているデュークロスレンズ。

会場では、ラインナップからピックアップしたカールツァイス Otus 用・Milvus 用のフロントリングを展示中。スタイリッシュな仕上がりになっています。その他にもPLエクステンション チューブやキャリー ハンドルなど、精巧で美しい製品をご覧ください。

platypod(プラティポッド)

アメリカ・ニュージャージー州にオフィスを構え、自分たちの経験を元に何度も試行錯誤しながら改良を続けた結果、“世界にも類がない小さな三脚”を作り出した、プラティポッド。

「マックス」と「ウルトラ」というユニークな製品名の、非常に薄くコンパクトなカメラサポート製品を展示します。非常にコンパクトでありながらしっかりとカメラを支えます。その薄さ、コンパクトさをぜひ実際にさわって感じてみてください。マックスは約136kgの耐荷重を持ち、大型一眼レフやビデオカメラに対応。カメラだけでなく、照明器具の設置などにも活躍します。

cotech filters(コーテックフィルター)

イギリス ウェールズに本社を置く、照明用のフィルターメーカー、コーテックフィルター。300種類以上のフィルターを製造し、LED 専用のフィルターも開発しています。

LED照明用のディフュージョンフィルター、LED照明用のカラーフィルターを展示します。どちらも非常にしなやかなつくりです。

Timecode Systems(タイムコードシステムズ)

株式会社アスク様のご協力により、Timecod Systems社の新製品を展示しています。Bluetooth経由でデバイスに同期させることができるワイヤレスの製品、UltraSync BLUE です。本国メーカーのスタッフも来日しアテンドをしています。


会場ではできあがったばかりの「Film & Video Equipment Catalogue Vol.11」をお配りしています。表紙も刷新され、内容も更に充実したものになっています。ブースにお立ち寄りいただいた際には、ぜひお手にとってお持ち帰りください。

最後に、今年も銀一株式会社のブースにご協賛いただきました企業の皆さま、ならびにご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

Inter BEE 2019 は 2019年11月13日(水)から11月15日(金)まで、千葉県の幕張メッセにて開催しております。

Inter BEE 2019 Official site
https://www.inter-bee.com/

皆さまのご来場をスタッフ一同、心よりお待ちしております。