InterBEE2014 銀一ブースのご案内

2014.11.19 トピックス
02_entrance01 国内の映像・放送の最先端、最新情報が一同に会するInter BEEが今年も幕張メッセで開幕いたしました。 銀一も毎年恒例となったInter BEE。2014年の弊社ブースの様子をご紹介いたします。

会場まで

01_street 会場までにInterBEEの広告にさっそくATOMOSのSHOGUNがお出迎えしてくれます。 02_entrance02 Inter BEEは1965年の第一回以来、なんと50回目だそうで、今年のInter BEE2014ロゴにも大きく50thが入りスペシャルイベントも開催され、益々の盛り上がりを見せています。 出展する企業は年々増え、昨年は最多の918社で今年も数多くの企業が新しい製品、技術を惜しみなくInter BEEの会場で披露しています。 14_booth7

出展情報

出展部門 /ホール / 小間番号 映像・放送関連機材部門 /ホール4 /4405 今年は会場の中でも比較的中心よりに位置している弊社ブースですが、初日の早い時間よりさっそく数多くのお客様がいらっしゃってくださいました。ありがとうございます。 それでは早速展示の内容をご紹介してまいりたいと思います。

Steadicam(ステディカム)

03_steadicam_image 新製品M1、Soloを含むステディカムのラインナップをご覧いただけます。 03_steadicam_m1_01 本邦初公開となるSteadicam M1はステディカム初のモジュラータイプシステムを採用し、将来のアップグレードやリペアコスト削減などスケーラビリティに強いタイプです。 03_steadicam_solo_01 Soloはステディカムと一脚の良い所をマージした小型軽量タイプのステディカムです。定点の撮影とステディカムの映像表現を切り替えながら撮影を行う現場で活躍します。 03_steadicam_handson_01 また会場ではステディカムの講師陣によるレクチャーや実際に体験していただくことも可能です。 03_steadicam_curv_01 GoPro専用のステディカム・カーブも会場でお試し頂けます。

Chrosziel(クロジール)

04_chrosziel_logo こちらも新製品のMagnumを含む多岐にわたるリグ製品をご覧いただけます。 04_chrosziel_Magnum 新世代のクロジール製MagNumは、1軸または2軸のワイヤレスフォーカス・ズームコントロールシステム。 モデルによって1軸、2軸もしくは1軸でありながら将来2軸にアップグレードできるモデルを用意し、コストと用途で選択できるようになりました。それでいて価格をしっかり抑えた、導入しやすいモデルです。 04_chrosziel_matbox 04_chrosziel_image また高性能マットボックスのラインナップやアクセサリーパーツもご覧いただけます。

Tiffen filter(ティッフェンフィルター)

05_tiffen_logo 05_tiffen_filters 05_tiffen_filters2 ハリウッドでは映像作家の御用達となっているTiffenのフィルターです。こちらも新しいタイプのディフュージョンを今回ご覧いただけます。

Lowel(ローウェル)

06_lowel ローウェル製品からはLED大光量のライトPrime LEDライトシリーズと、PRO Power LEDタングステン、PRO POWERデイライトなどを展示しております。

Cinevate(シネベート)

07_cinevate_logo 07_cinevate_images 携行性に優れたスライダーやユニークなドリーなどDSLRから中型機向けに特化したムービー機材が特徴のシネベート。会場ではインナーレール特有の滑らかな動きを体感できます。

Camcaddie(カムキャディー)

08_camcaddie 08_camcaddie_image camcaddie_01 Camcaddieでは従来のグリップシステム「スコーピオン」に加え、新製品ショルダーサポートも展示。アクセサリーパーツも数が増え、ラインナップがどんどん充実してきました。

Marshall electronics(マーシャルエレクトロニクス)

16_marshall 16_marshall_lineup2 現場での視認性に定評のあるマーシャル・エレクトロニクスのLCDモニターもサイズや西濃を比較しながらご覧いただけます。

Atomos(アトモス)

09_atomos_logo 09_atomos_shogun 09_atomos_shogun2 会場までの通路でも目を引いた「SHOGUN」を含むATOMOSも実機を展示しています。 「SHOGUN」は高画質な映像信号を取り扱う4KやRAW収録に欠かせない4K時代の次世代ProResレコーダーです。 4K(3840×2160) 30p / Full HD 120fpsの収録能力は、4Kだけでなく、HDスローモーション収録にも対応。HDMIと4Kに対応した12G SDIの両方の入出力を持ち、相互の変換機能も搭載。コンバーターとしても利用可能です。 ジャパンディスプレイ製7型 (1920×1200) S-IPS液晶は、正確な色表示だけでなく、シビアな4Kのフォーカシングにも役立ちます。 また、オーディオ入出力用にLemoコネクタと、その先に接続するXLR/Line端子変換ケーブルを同梱予定。ゲンロック入力対応やWiFiリモートコントロール、HDD 2台を4K収録を可能にするRAIDコントローラー入りHDDキャディーなど、最新技術を満載しています 09_atomos_lineup 09_atomos_acc このほか、既存のSAMURAI BLADEやNINJA BLADE、アクセサリーパーツなどもご覧いただけます。

Syrp(シロップ)

10_syrop_image 10_syrop_genie01 10_syrop_genie02 こちらも新製品! ニュージーランドSyrp(シロップ)のモーションコントロールキャプチャデバイス、Genie(ジーニー)は、ビデオやタイムラプスのカメラコントロールを行いながら、パーンまたはスライダーに搭載してのパーン動作を実現します。 昨今のタイムラプスブームに動きを追加することで、より高品質な映像制作に寄与します。 デジタル機器でありながらロープアクションというアナログ的な動作でタイムラプスを行う、新しい可能性を秘めたゲームチェンジャーなツールです。

TetherTools(テザーツールズ)

11_tether_logo 11_tether_items2 11_tether_items ケーブル脱落防止やちょうど良い長さのUSBケーブルなど痒い所に手が届くTetherTools。

Gramas(グラマス)

12_gramas2 カメラの液晶画面を機材の衝突などから保護する液晶保護ガラスです。

GoPro(ゴープロ)

13_gorpro 言わずと知れたウェアラブルカメラデバイスのGoPro。こちらはGoProのブースでより詳しくご覧いただけます。

Cineroid(シネロイド)

16_marshall_lineup Retinaディスプレイを搭載したEVFが人気のCineroid。ぜひ一度実機でその高精細を実感してください。

会場でお待ちしております。

14_booth1 14_booth2 14_booth3 14_booth4 会場ではスタッフが製品の使い方のご案内や実演などを行なっております。ぜひ会場にお越しの際はスタッフまで商品について納得いくまでお問合せ下さい。それでは皆様のお越しをお待ちしております。

出展情報

出展部門 /ホール / 小間番号 映像・放送関連機材部門 /ホール4 /4405

ATOMOSブースもぜひ御覧ください、

15_atomos_booth 15_atomos_booth2 14_booth6 14_booth5 今年よりセールスパートナーとなったATOMOSはInter BEE2014に出展しております。そちらもぜひお立ち寄りください。