CP+2017 銀一ブース(A-14)のご紹介(写真機材編)

2017.02.23 トピックス
カメラと写真映像のワールドプレミアショー、「CP+(シーピープラス)」が今年もパシフィコ横浜で開幕いたしました。 今年は「撮る」「見る」「つながる」を体感できるイベントが数多く開催され、カメラが好きな方はもちろん、家族や友達でもみんなで楽しめるカメラと写真の祭典になっています。 そして弊社も取り扱いブランドの最新の製品や話題の製品を取り揃え、さらにブランドごとにメーカー担当者や、実際に製品を評価してくださるアンバサダーの方々を交えて、皆様のお越しをお待ちしております。 それではCP+2017の銀一ブースの見どころをご紹介いたします。

写真用品

Really Right Stuff 三脚・ヘッド・L プレート [アメリカ]

まずご紹介するのが日本国内の展示会では本邦初公開となるReally Right Stuff(リアリーライトスタッフ)です。 アメリカのカリフォルニアにオフィスを構えるReally Right Stuff(リアリー・ライト・スタッフ)は、1990年にBryan Geyer(ブライアン・ガイヤー)が、流通しているカメラプレートの品質に満足できず、さらに高品質な製品を求めて自作のプレートを造り、販売したことから始まりました。 色々なカメラに使いまわせる汎用品ではなく、一眼レフカメラの機種ごとに「Really Right(ぴったり)」な専用プレートを製造し、その精度と使い易さは他に比類がないものとなっています。 カメラプレートから始まった製品ラインナップは、この25年間で自由雲台、クランプ、三脚、フルードビデオ雲台など、幅広く成長しました。Made in USAに誇りを持ち、取扱い製品の増えた今でも製品の製造から組立てまで全ての工程をアメリカで行っています。 品質への拘りとより良い製品開発への真摯な姿勢を貫いているReally Right Stuffは、創立当初から今に至るまで多くのカメラマンを魅了し続けています。 これまで日本に代理店を置かず、アメリカからの直接販売のみで入手可能であったReally Right Stuffの製品を、銀一株式会社が日本国内への販売・サポートを行うことになりました。 会場では、Really Right Stuffの自由雲台、三脚、Lプレートなどを実際に触っていただくことができます。

PeakDesign カメラバッグ・カメラクリップ・ストラップ [アメリカ]

2010年、アメリカ・キックスターターで資金募集を成功させ、一躍その名を世界の写真業界に轟かせたPeak Design。昨年末に発売され、世界中で話題となっているスタイリッシュなカメラバッグ「エブリデイシリーズ」の新作、「エブリデイバックパック/トート/スリング」を展示。もちろん、2016年2月に発売された「エブリデイメッセンジャーシリーズ」や、PeakDesignの代表的な製品であるカメラクリップ「キャプチャー」シリーズ、使い心地抜群のカメラストラップ等もご覧いただけます。 また今回の展示会で本国メーカーの担当者が皆様に製品をアピールしてくださいます。

thinkTANKphoto カメラバッグ・ストラップ・アクセサリー [アメリカ]

世界中のフォトグラファーに絶大な人気を誇るカメラバッグメーカー、thinkTANKphoto。会場にはカメラバッグシリーズをほぼ全て取り揃えています。 ルーク・オザワ氏が勧めるAirport Navigator、昨年バージョンアップをしたAirport International V2.0/ Airport Security V2.0はもちろん、2月20日発売の新製品(Airport Takeoff V2.0/Signatureシリーズ/FPVシリーズ)も展示しているので、最新製品の使い心地などを試すチャンスです。昨年発売のビデオバッグシリーズも、是非ご覧ください。 会場ではアンバサダーの方もアテンドしておりますので、ぜひ実際の現場での使用感などについてもご相談ください。

MindShiftGear カメラバッグ・アクセサリー [アメリカ]

カメラと自然を愛するアウトドアフォトグラファー向けのカメラバッグを多数取り揃えている、MindShift Gear。根強い人気の「ファーストライトシリーズ」や、昨年発売された「トレイルスケープ」、「サイドパス」を展示。また、MindShift Gearの原点ともいえるバッグ「ローテンション180°シリーズ」なども、是非、この機会にご覧ください。

Miggo ストラップ・カメラバッグ [イスラエル]

カメラケースとストラップが一体となった「アグアホルスター」や、不思議な形状のカメラ三脚「スプラットフレキシブルトライポッド」など、これまでもユニークな製品を発売しているmiggo。今回の展示では「ピクターワン」を参考出展しております。 ピクターワンはiPhoneに取り付けることにより、一眼レフのような操作感が得られるアクセサリーです。半押し可能なシャッターレリーズ、露出補正ダイヤル、ズームダイヤル、押込むことによる背面/前面カメラの切替が可能なズームダイヤル一体型のセルフィーボタン、好みの操作を割当てる事が出来るスマートダイヤル、の5つのボタン・ダイヤルにより本格的なカメラのような撮影を行えます。 専用の無料アプリから操作することにより、高い周波数の音(18,500-20,000kHz)を使用して様々なコントロールをBluetoothなどで接続せずに認識させる画期的な方法を採用し、iPhoneのバッテリー消耗を大幅に減らすことに成功しています。 この他定番製品に加え、レインカバーにスリングストラップを採用した最新アイテム「アグアレインカバー」や、今年1月に発売された、悪天候でも安心して持ち歩ける雨風に強い「アグアバックパック」「アグアトルソーバッグ」も展示しています。

OP/TECH USA ストラップ [アメリカ]

肩に優しい伸縮素材、着脱式コネクター、ストラップ生地の美しい発色、という特長を備えたカメラストラップを世に送り出しているOP/TECH USA。創立当初からMade in USAに拘り、その品質には定評があります。 発売より好評を得ている「プロストラップ」「ファッションストラップ」をはじめ、全ラインナップのストラップを展示。お持ちのカメラに取り付けて、使い心地を実際に体験していただけます。

LensCoat レンズカバー・レンズバッグ [アメリカ]

カモフラージュパターンを使った、撮影機材用保護カバーを専門に取り扱っているLens Coat。その製品は全て、アメリカ・ニュージャージー州でひとつひとつ手作りされています。 昨年末に発売された、野外での撮影時に望遠レンズ・カメラ・三脚と一緒に全身をすっぽり覆う「レンズハイド」、レンズやアクセサリーの持ち運びに便利なモールシステム対応の「ロールアップモールポーチ」を含め、普段店頭展示されていないものまでをお手にとってご覧いただけます。

Lance Camera Straps ストラップ [アメリカ]

編み紐によるシンプル、且つ、スタイリッシュなデザインが特徴的なLance Camera Strap。昨年末には、3/8インチウェビングテープを採用した「DSLRストラップ」と、カメラからの取り外しを簡単にできるストリングループコネクターを備えた「ストリングループリスト」がラインナップに加わりました。

TetherTools ケーブルマネジメント [アメリカ]

アメリカ発のテザーツールズは、プロフェッショナルフォトグラファーの撮影現場で役立つ道具を作っています。現場で困りがちなシンクロコード、USBケーブルやHDMIケーブルなどのコード類の処理などに役立つアクセサリーをはじめとして、フォトグラファーをはじめとしたカメラユーザーのニーズに合わせた商品を展開しています。

DOMKE カメラバッグ・ストラップ[アメリカ]

質実なつくりで高い評価を得ているカメラバッグの定番、DOMKE。長年にわたりフォトグラファーに愛され続けているスタンダードモデルの「F-1」、「F-2」をはじめ、その豊富なラインナップをほぼ全て取り揃えています。

Diagnl ストラップ[日本]

ワンアクションでストラップの長さを調節できるdiagnlのニンジャストラップは、これまでのカメラを携帯する考え方を一変してくれます。シートベルト織のテープを使用し、しなやかながら抜群の強度を誇っています。重いカメラでも体に食い込む事がないので、パットも必要ありません。ウォーキングや登山、サイクリングなどアウトドアシーンにお勧めです。

Yosemite ストラップ[日本]

急遽、銀一ブースに出現したYOSEMITE CAMERA STRAP。担当者も現場で初めて見ることになりました。 YOSEMITE CAMERA STRAP はカリフォルニア州ヨセミテ国立公園に撮影に行った際、岩山を下山してきたクライマーと話をするうち、彼の古いちぎれそうなカメラストラップの話になり「ザイルのように頑丈で、煩わしくないカメラストラップがあれば良いんだけど」という願いを聞いて発案。体格やシーンに合わせて、全長は105cm・ 111cm・126cm と3タイプを用意。しかも長さはロープを結ぶ事によって自在に調節が可能。大きく結べばハンドストラップとしても使用できます。ドライ加工されたクライミングロープは汗や水に濡れても乾燥しやすく、通常のナイロンや革製のストラップと違い表裏が無く、調節時に縛っても折り目が残りません。厳しい環境下でも大切なカメラを 落下させる事無く安心してお使い頂けます。本製品は熟練した日本人職人が一本一本丁寧に縫製しています。

セミナーも開催しております

会場にはセミナースペースを設け、トークショーやセミナーも開催いたします。(タイムスケジュールは会場にてご案内しております。) 製品のレビューからテクニックまでお役立ち情報満載です。お立ち寄りの際はぜひご参加ください。

ご来場お待ちしております

トピックスでは明日も映像機材と共同出展社様をご紹介いたします。 銀一ブースは会場の入り口から入って直進していただき、ニコンブース手前のA-14です。 皆様のご来場をスタッフ一同、心よりお待ちしております。